税金の計算をマスターしておこう

>

国民の義務だと理解しよう

雑所得とは

税金の中には、雑所得という種類があります。
FXで得たお金は、この中に含まれます。
普段会社で仕事をしているサラリーマンが、副業としてFXに挑戦している姿がよく見られます。
その場合は、FXで20万円以上の利益得た時に税金が発生します。
20万円以下の金額しか稼いでいない人は、税金を納める必要はありません。

しかしFXに慣れてくると簡単に20万円以上稼ぐことができるので、ほとんどの人に関係すると思います。
これからFXを開始しようと思っているサラリーマンは、税金の計算方法をあらかじめ勉強していた方が良いです。
税金を納めなくてはいけない時に慌てて計算しても、間違えてしまいます。
間違えて少ない金額を収めたら、大問題になります。

お給料をもらっていない人

主婦や定年を迎えた人は、仕事をしていないので毎月の給料は発生しません。
それでも一定の金額を超えたら、税金をしはらう仕組みになっています。
仕事をしているサラリーマンの場合は、20万円を越えたら税金が発生します。
ですが働いていない人は、38万円と少し上限金額が高いです。
主婦でも気軽に始めることができるので、FXでお金を稼ごうと思っている人が多いと思います。

年間で38万円を越えたら、必ず税金を支払ってください。
また130万円を越えると、社会保障の扶養から外れます。
それでは困る人もいるでしょうから、あまり稼ぎ過ぎないように計算しながらFXを進めた方が良いです。
自分がどのくらいまで稼いで良いのか、計算してください。